HOMEHOME →生活習慣病予防のために、男性が気をつけたいこと →心臓病を防ぐには喫煙、高血圧、脂質異常症、糖尿病を予防しよう

心臓病を防ぐには喫煙、高血圧、脂質異常症、糖尿病を予防しよう

心臓病 生活習慣病のひとつ、心臓病を防ぐには禁煙をしたり、高血圧、脂質異常症、糖尿病の予防がポイントとなります。実は心臓病と言ってもさまざまな病気があり、原因もいろいろあるので多面的に防がなくてはなりません。

心臓病の種類は?

心臓病の代表的なものに虚血性心疾患があります。冠動脈が狭まって十分な血液が心臓に届かなくなる病気で、そのうちのひとに動脈の内側にコレステロールがついてしまい、血液の流れが悪くなって酸欠になってしまう狭心症があります。症状は胸が締め付けられたり、息が詰まる感じがしますが痛みはありません。

もうひとつは心筋梗塞です。冠動脈の内側に血栓ができて血管を詰まらせてしまい、血流が途絶えて心筋の組織が死んでしまいます。症状は胸に激しい痛みを伴う恐ろしい病気です。

狭心症は痛みがないうえ特効薬があるので静かに休めば死の危険にさらされることはありません。心筋梗塞は激痛な上よく効く薬もなく、心筋の細胞が死んでしまうので命の危機にさらされてしまいます。

他にも脈の乱れによるもの、先天性によるもの、心筋・心臓弁膜・心膜の病気、心肥大、心臓神経症などのさまざまな病気がありますが、特になりやすいのが狭心症と心筋梗塞なので気をつけましょう。

喫煙、高血圧、脂質異常症、糖尿病を防ぐことが心臓病の予防にかかせない

心臓病を予防するためには喫煙をやめ、高血圧、脂質異常症、糖尿病を防ぐことがかかせません。ひとつの原因だけでなくさまざまな要素が絡み合って発症してしまうので生活習慣すべてを見直していきましょう。

喫煙は血流を悪くします。心臓は血を送る臓器なので影響を与えることは言うまでもありませんね。吸っていてもさらなる病気を招くだけなので禁煙する努力をしましょう。

高血圧は動脈硬化を招きやがて狭心症や心筋梗塞を起こしてしまいます。また脂質異常症や、糖尿病よりも軽い「高血糖」も関係してきますね。このようなことを踏まえて食事では塩分や炭水化物を含む糖分、脂質の摂りすぎを控えましょう。野菜をたっぷり含んだ肉より魚中心の、1日3回の規則正しいヘルシーな食事をこころがけるのが大切です。

また心臓病にはストレス解消が効果的です。軽いストレスでも長期間引きずっているのはよくありません。負けず嫌いだったりせっかちな人は注意しましょう。また糖尿病などの原因にもなりやすく生活習慣病のスパイラルに陥ってしまいかねないので、休日には自分の好きなことをやるなどして解消しましょう。

運動も必要なのでウォーキングやスクワットや腕立て伏せなど、軽くからだを動かせばストレス解消と運動不足を解消できるのでおすすめですよ。

生活習慣病である心臓病はさまざまな要素が絡み合って発症します。特に命の危機にさらされる病気なので、基本的な生活習慣を改善しながら健康体になるのを目指しましょう。