HOMEHOME →生活習慣病とEDの関係 →高血圧とED

高血圧とED

高血圧とED 生活習慣病の中でももっとも罹患者数が多い高血圧は、男性の場合EDを引き起こす確率を高めます。

ただしED治療薬は、血圧の数値などによっては使用できない場合もあるため、かならず医師の処方を受けることが大切です。

高血圧の男性は、性生活に不満を抱える人が多い!

人間ドックを受けた男性を対象に実施されたアンケートによれば、高血圧と診断を受けた男性は、その他の男性と比べると性機能の低下を自覚している人が多いことが分かりました。
特に性交時の陰茎の硬さと、勃起の持続時間に問題があると答えた人が多かったそうです。

そもそも高血圧とは、血管が細い、もしくは血液量が多すぎることによって血管壁にかかる圧力が高くなっている状態を指します。すると当然ながら血管には大きな負荷がかかりますので、動脈硬化も進みやすく、それがEDにつながると考えられるのです。

特に勃起に関わる陰茎動脈は約1~2ミリほどしかなく、他の部位の動脈と比べるとごく細いのが特徴です。ですから他の部位に症状が出るより先に、男性の場合はEDとして自覚できる場合があります。

さらにアンケートによると、既に降圧薬で治療を受けている男性では、性生活に不満を抱える人がより多いことが分かりました。また「ED治療を受けたい」と希望する人の割合も高かったようです。
つまり治療を必要とするほどの高血圧症の場合、それだけED症状が深刻であると考えられます。

参考→http://www.hama1-cl.jp/ed_dictionary/hypertension/
高血圧とEDの関係について、より掘り下げた解説が知りたい人はここのサイトが参考になるかと思います。

ED治療薬の使用は、かならず医師の診察を受けてから

現在のED治療の主流となっているのは、バイアグラをはじめとするED治療薬(PDE5阻害薬)ですが、これは高血圧と診断された男性でも使用することができます。
ただしED治療薬は血管を拡張して、血液の流れを良くする薬ですので、降圧剤と併用すると血圧が下がりすぎるリスクがあります。

今のところ降圧剤は、ED治療薬の「併用注意薬」であって、「併用禁忌薬」ではありません。ただし副作用として、立ちくらみやふらつきの可能性があることは覚えておきましょう。

また血圧の数値によっては、ED治療薬を使用できない場合もあります。目安としては高血圧治療を受けていない人で、安静時の血圧において上が170mmHg以上、下が100mmHg以上の場合です。

ですから安全のためにも、血圧が高めの方はEDだからといって個人輸入などで薬を購入せず、かならず医師の診察を受けてから処方してもらいましょう。特に服用している薬については、正確に伝える必要があります。