HOMEHOME →生活習慣病予防のために、男性が気をつけたいこと →腸内環境を整えて生活習慣病を予防しましょう

腸内環境を整えて生活習慣病を予防しましょう

腸内環境 腸内環境を整えて、生活習慣病を予防しましょう。男性は女性と比較すると腸が短いこともあって、消化が悪く下痢になりやすい傾向にあります。同時に腸内の水分吸収が上手くいかず水分分泌過多に繋がって、結果として体内の水分が失われますので注意が必要です。

腸内環境を整えるということは生活習慣病の予防にも繋がりますので、自分自身の状態を知るとともに腸について考えてみましょう。

腸内環境をチェックしましょう

腸内環境をチェックしましょう。腸内に汚れがたまると身体に必要な酵素の生成が行われにくくなります。そうすると肥満や肌荒れ、疲労や免疫力の低下に繋がりますので気を付けましょう。

便秘や下痢、肥満や肌トラブル、疲労や風邪を引きやすいといった症状に当てはまる方は腸内の汚れ即ち酵素の生成が行われにくい状況にあると言えますので、腸内環境を整えるとともに酵素の生成がスムーズに行われるようにしましょう。

自律神経

自律神経は腸の働きをコントロールしています。自律神経は脳と同様に非常に大切な役割を果たしていて、血液循環や呼吸、消化吸収などに役立ちます。大きく分けると交感神経と副交感神経があり、これらのバランスが崩れると腸の働きも悪くなりますので、良好な状態を保つことのできる生活習慣を心がけることをおススメします。

交感神経と副交感神経

交感神経と副交感神経について学びましょう。交感神経が活発すぎると胃や腸の働きは上手くいきません。正常に機能するためには副交感神経の働きも大切です。

ストレスを溜め込むと交感神経が優位になりますので、どちらもバランスよく働くようストレスを解消するなどの心がけが必要だと言えます。他にも、深呼吸やゆったりとした動作、良質な睡眠やウォーキングなどは副交感神経の働きが高まりますのでおススメです。

腸内環境を整える食べ物

腸内環境を整える食べ物としましては、ヨーグルトや大豆食品などがあげられます。いずれも気軽に摂取することが出来る食べ物ですので、意識しておきましょう。 ヨーグルトの乳酸菌を腸内に定住させるために、オリゴ糖やハチミツをかけることをおススメします。また、大豆製品は乳酸菌以外の酵母菌も摂取することが可能なので積極的に摂取しましょう。

食べ物から摂取することが理想ではありますが、難しい方はサプリメントを上手く利用するのも手段のひとつです。また、肉類が中心の食生活の方は、和食中心の食生活に切り替えることもおススメです。年齢を重ねるとともに自分自身の食生活を見直し、腸内環境を意識していきましょう。

人の身体の免疫機能の約70%は腸にあるので、健康を促進するためにもまずは腸内環境を整えるということは非常に大切だと言うことができます。そのためには善玉菌を優勢に保つ必要があるのですが、便の状態などから善玉菌が優勢なのか悪玉菌が優勢なのか判断することが可能ですので、排便後は確認することをおススメします。

黄色で練り歯磨きのような硬さの便は善玉菌が優勢、黒褐色で量が少ない時は悪玉菌が優勢です。適切な排便を促すような生活習慣を身に付けるとともに、健康を促進していきましょう。それが即ち生活習慣病の予防にも繋がりますのでおススメします。