HOMEHOME →生活習慣病予防のために、男性が気をつけたいこと →更年期障害と上手く付き合って生活習慣病を予防しましょう

更年期障害と上手く付き合って生活習慣病を予防しましょう

更年期障害 更年期障害と聞くと女性特有の症状だと思われがちですが、そんなことはありません。男性にも更年期障害はありますし、その症状は生活習慣病の原因にもなると言えます。 男性の更年期障害についての知識を高めて上手く付き合っていくとともに、生活習慣病の予防にも役立てましょう。

男性の更年期障害

男性の更年期障害について知りましょう。更年期障害の症状の主な原因は男性も女性もホルモンにあると言えます。男性ホルモンの減少によって起こり得る症状のことをLOH症候群といって、血液検査によって知ることができます。あまり耳慣れない言葉ではありますが、男性ホルモンは早い方では40代あたりから減少することもありますので注意が必要です。

男性ホルモンが減少するとやる気や記憶力が低下するだけではなく、筋力が低下したり骨粗しょう症などにも繋がっていきますので気をつけましょう。筋力の低下は肥満に繋がります。肥満は生活習慣病の発症リスクが高まりますので、更年期障害の早期発見を心がけるとともに積極的に治療を行うことをおススメします。

男性更年期障害の主な症状

男性更年期障害の主な症状としましては、疲労感やうつといった精神的なものから睡眠障害や発汗といった身体的な症状、そしてEDや性欲低下といった性的なものがあげられます。中でもEDに関しましては男性の自信喪失に繋がり、精神的なダメージに拍車をかけてしまうと言えます。そういった精神状態はストレスに繋がり、暴飲暴食や肥満を引き起こしかねません。負の連鎖に陥らないためにも男性更年期障害についての知識を高めて上手に付き合っていきましょう。

男性更年期障害の治療方法

男性更年期障害の治療方法としましては、ホルモン補充療法や漢方療法などがあげられます。これらによって症状が緩和されますが、その効果には個人差があると言えます。また、ホルモン補充療法は前立腺肥大症や前立腺がんなどの発症リスクが懸念されますので、専門医に相談するとともに定期的な検査をおススメします。

男性更年期障害チェックリスト

男性更年期障害チェックリストがインターネットなどにありますので、まずはご自身で確認してみましょう。それぞれの項目に当てはまるものを確認した結果によっては早急に受診した方が良い場合もありますので、おススメします。

生活を改善して更年期障害の進行を抑制しましょう

生活を改善して更年期障害の進行を抑制しましょう。バランスの良い食事を心がけることや適度な運動、ストレスの軽減や良質な睡眠の確保など、日常生活における改善ポイントはさまざまです。いつまでも若い頃と同じ生活をするのではなく、年齢に相応しい生活習慣を心がけましょう。

最近疲れやすいとかやる気が出ないといった症状は誰にも起こり得る症状ですので、なかなか気がつかない場合もありますが、症状があまりにも長く続く場合はホルモンの低下が原因とも考えられます。自分が更年期障害かもしれないという事実をなかなか受け入れられない方も、早期発見と早期治療の大切さを知り専門医を受診することをおススメします。そうすることによって生活習慣病の発症リスクを軽減することもできますし、健康に繋がりますので積極的に取り組みましょう。