HOMEHOME →生活習慣病予防のために、男性が気をつけたいこと →禁煙して生活習慣病を予防しましょう

禁煙して生活習慣病を予防しましょう

禁煙 日本の成人男性の喫煙率は年々減少傾向にありますが、諸外国と比較すると高いと言えます。喫煙が及ぼす影響について知り、自身の健康促進に役立てていきましょう。 性別では女性よりも男性の方が喫煙率は高い傾向にあります。また、喫煙は動脈硬化や糖尿病、心筋梗塞やがん、メタボといった生活習慣を発症するリスクが高まることでも知られています。喫煙することがいかに身体に悪い影響を及ぼすのかを知り、知識として身につけるとともに禁煙を心がけましょう。

動脈硬化

動脈硬化は悪玉コレステロールのLDLが血管壁に沈着することによって起こるのですが、喫煙によってLDLが変性し沈着を促すため動脈硬化が起こりやすいと言えます。そして更に、喫煙によって血液中に一酸化炭素が増加するため、ヘモグロビンと結合して一酸化ヘモグロビンが増加し、この一酸化ヘモグロビンによって動脈硬化斑という狭い血管がつくられて血栓の原因へと繋がり脳梗塞をも引き起こしかねません。 動脈硬化は命にも関わる疾患です。喫煙だけが原因ではありませんが、多きな要因となりますので気をつけましょう。

糖尿病

糖尿病と喫煙の関係についても知りましょう。喫煙によってインスリンの効果が低下するだけでなく、インスリンを分泌している脾臓に影響を及ぼすことによってインスリンの分泌量そのものが減少してしまいます。一見関係なさそうな糖尿病と喫煙ですが、実は深い関わりがありますので注意が必要です。

心筋梗塞

心筋梗塞は心筋に酸素が行き届かない状況に陥ることで、最悪の場合心臓が止まるケースもある恐ろしい病気です。動脈硬化が進行することによって心筋梗塞を発症するリスクが高まりますので気をつけましょう。

がん

がんと喫煙で誰もが思いつくのが肺がんだと言えます。しかし喫煙は、口や鼻、喉や食道、肝臓や胃、腎臓や膵臓といったさまざまな臓器に影響を及ぼしますので、肺がんだけではなくその他のがんにも影響を及ぼすということを頭に入れておきましょう。

メタボ

メタボと喫煙についてですが、たばこを1日31本吸う人のメタボ発症率は、たばこを吸わない人の1.6倍になるというデータがあります。これは、喫煙によって善玉コレステロールが減り、中性脂肪や血糖が増えることが影響していると言えます。 たばこを長年吸ってきた人にとって、禁煙をするということはそんなに簡単なことではありません。ストレス解消など、精神的に依存している方も多いので、禁煙するとイライラして仕事に集中できず、不安感が増すといった症状が強くなることも考えられます。今はさまざまな禁煙グッズが売られていますのでそちらを頼っても構いませんし、いざとなれば禁煙外来などもございますので、そちらを受診してみましょう。禁煙外来の治療を毎回受けた人の78.5%が治療後4週間は禁煙できたというデータもありますのでおススメします。 異常が見つからないと禁煙する気になれないという方も、禁煙することによって得られるメリットをイメージしてみましょう。生活習慣病の予防はもちろん、健康促進に繋がることは言うまでもありません。一歩踏み出して行動を起こすことをおススメします。