HOMEHOME →生活習慣病の何が怖いのか? →がん予防と生活習慣病の関係

がん予防と生活習慣病の関係

がん予防 男性がかかりやすいガンとしましましては1位が肺がん、次いで胃がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がんと続きます。早期発見を心がけるとともに日頃から予防に努めるように心がけましょう。がんを予防する生活習慣は、そのまま生活習慣病の予防にも役立ちます。日頃から意識しておきましょう。

がんを予防しましょう

がんを予防しましょう。がんを予防する方法としましては、禁煙をすることや便の状態をチェックすること、体重を測定することや咳や痰が長引いていないか気をつけることなどがあげられます。

タバコは全てのがんにおいて危険因子だと言うことができます。もちろんがんの原因の全てがタバコによるものではありませんが、禁煙することのメリットは計りしれません。また、便の硬さや色は健康のバロメーターにもなりますので欠かさず確認することをおススメします。他にも、特に何もしていないのに体重が減るといった症状も要注意ですし、長引く咳や血が混じった痰などにも注意が必要です。

日常的にこれらを意識して生活をすることも大切ですが、やはり健康診断を受けることがポイントです。1年に1回は受けて、自分自身の身体の状態を把握するように努めましょう。

免疫力を高めましょう

免疫力を高めましょう。加齢に伴って免疫力は低下するものです。いつまでも若い頃と同じ生活を送るのではなくて、免疫力を高めることを意識した生活に切り替えましょう。

健康な人の身体にもがん細胞は存在します。しかしそのがん細胞は免疫力によって排除されているため、免疫力を高めるということはがんを予防することに繋がると言えます。また、免疫力の高い男性はテストステロン値も高い傾向にあります。このテストステロン値は男性にとって重要なホルモンで、性欲の維持や筋肉量の増加、骨格の形成には欠かせません。他にも、テストステロンの分泌量が少ない人はEDになりやすい傾向にあることからも、その重要性がうかがえると言えます。

免疫力を高めるということは、生活習慣病やがん予防だけでなく、男性としての活動力を高めるうえでも大切だということを日頃から意識しておきましょう。

免疫力を高める方法

免疫力を高める方法としましては、適度な運動やバランスのとれた食生活、良質な睡眠や禁煙などがあげられます。いずれも健康を促進するうえで欠かせないことでもありますので、積極的に取り入れていきましょう。

中でも軽視されがちなのが睡眠の質です。睡眠の時間に関しましては多くの方が意識していますが、大切なのは睡眠の質だと言えます。ただ単に寝るのではなく、その質にも注目してみましょう。 他にも、意識して笑うこともおススメです。笑うと免疫力が高まるのですが、作り笑いでも効果が得られるので、ぜひ取り入れてみてください。

男性の場合、女性よりも喫煙率が高いこともあって肺がんが1位になってはいますが、喫煙以外にもさまざまなことが原因となってがんに結びつくと考えられます。がんを予防することは即ち生活習慣病の予防、健康の促進に繋がることでもありますので、意識しておきましょう。特に40歳を過ぎてからは生活習慣そのものを見直す必要がありますので、積極的に取り組むことをおススメします。