HOMEHOME →生活習慣病予防のために、男性が気をつけたいこと →活性酸素を減らして生活習慣病を予防しましょう

活性酸素を減らして生活習慣病を予防しましょう

活性酸素 活性酸素は殺菌力が強いため身体のウイルスや細菌を撃退する役割を果たすのですが、増えすぎると正常な遺伝子や細胞も撃退してしまうという厄介な存在です。

生活習慣病の原因としてもクローズアップされつつある活性酸素について学ぶとともに活性酸素を取り除く生活習慣を身につけましょう。

適度な運動を行いましょう

適度な運動を行いましょう。ウォーキングや水中歩行などの適度な運動は抗酸化酵素の働きを高めるのでおススメします。反対に激しい運動は活性酸素の発生を促進するので気をつけましょう。

自分に合ったストレス解消方法を身につけましょう

自分に合ったストレス解消方法を身につけましょう。ストレスが溜まると血流が悪くなるのですが、これが元に戻る際に活性酸素が発生するのでよくありません。ストレス社会ですので、誰しも何かしらのストレスを抱えていると言えますが、自分に合ったストレス解消方法を知り、溜め込まないように心がけましょう。

タバコを控えましょう

タバコを控えましょう。女性よりも男性の方が喫煙率は高い傾向にありますが、タバコの煙には有害物質の他に多くの活性酸素が含まれていますので注意が必要です。

紫外線に気をつけましょう

紫外線に気をつけましょう。特に男性は紫外線を意識していない方が多い傾向にありますので注意が必要です。紫外線は皮膚細胞における活性酸素の生成を促しますので、男性でも外出時は帽子をかぶることや長時間日光に当たらないようにするといった対策を意識することをおススメします。

アルコールの摂り過ぎは要注意です

アルコールの摂り過ぎは要注意です。肝臓がアルコールを分解する際、活性酸素が発生することから、アルコールを飲む量が多い人は特に気をつけなくてはなりません。また、アルコールに弱い人も同様に注意が必要だと言えます。

食生活を見直しましょう

食生活を見直しましょう。食べ物によって活性酸素の働きを抑制する抗酸化成分が多く含まれているものがありますので、それらを積極的に摂取しましょう。

抗酸化成分が多く含まれている食べ物としましては、ビタミンEが含まれる大豆やナッツ類、ビタミンCを含むトマトやキウイ、ポリフェノールを含むりんごやココアなどがあげられます。他にもβカロチンを含むピーマンやかぼちゃやカテキンを含む緑茶などもあげられますが、いずれも気軽に摂取することが可能ですのでおススメします。

気をつけたいのが、何かひとつの食材だけを食べるということです。さまざまな食材をバランスよく食べることによってより一層効果が高まりますので、偏らずに多くの食材を摂取することを心がけましょう。

人の身体には元々活性酸素から身を守る防御システムが備わっているものですが、この防御システムは加齢にともなって弱まる傾向にあります。そして反対に活性酸素の働きが強くなり、身体に害をもたらすので注意が必要です。

疲れがなかなかとれない、肌荒れやしみが目立つ、風邪をひきやすいなど症状がある方は活性酸素が増えている可能性も考えられますので、活性酸素を減らす生活術を身につけましょう。忙しいと特に乱れがちな生活習慣ではありますが、忙しい時だからこそ健康を意識した生活を心がけることをおススメします。