HOMEHOME →男性がかかる生活習慣病の特徴 →男性の肥満の実態

男性の肥満の実態

男性の肥満の実態 肥満とはその名の通り太り過ぎの病気で、生活習慣病のひとつ。しかしただ体格だけで判断されるのではなくBMIという数値で判定されます。特に男性に多い病気で、放置しておくと糖尿病、脂質異常症、糖尿病、心臓病、脳卒中などを招きかねないのでしっかり予防することが大切です。

肥満とは?

生活習慣病での肥満とは脂肪が多過ぎる状態を言いますので、たとえ体重が重くてもガッチリ体型の男性は当てはまりません。筋肉が少ないうえ太っている人を指すのです。肥満かどうかを見極めるには、BMI数式を使っておおよその数値を求め、肥満度合いを判定する方法が採用されています。以下のような数式を用いて計算し、独自の判定基準を設けているので計算してみましょう。

BMIの求め方:体重(㎏)÷身長(m)×身長(m)

(BMI判定基準)
低体重…18.5未満
普通体重…18.5以上25未満
肥満1度…25以上30未満
肥満2度…30以上35未満
肥満3度…35以上40未満
肥満4度…40以上

日本肥満学会ではBMI22を標準としています。25以上は肥満とし、4つのランクで重症度を見極めています。数値が上がれば上がるほど生活習慣病になるリスクが大きくなってくるので注意しましょう。

特に問題になるのは内臓脂肪の量です。ウエストの大きさで男性は85センチ以上、女性は90センチ以上で判断されます。多すぎてしまうと高血圧、脂質異常症、糖尿病、心臓病などの原因になる物質がたくさん分泌されてしまうので注意しなければなりません。

圧倒的に肥満は男性に多い

肥満は女性にありがちなイメージがありますが、実は圧倒的に男性に多い病気です。それにもかかわらず体重コントロールをこころがけているのは女性のほうが多い結果に…平成16年の厚生労働省による国民健康・栄養調査で明らかになっています。

特に肥満を気をつけ始めなければならない40代から50代にかけて体重コントロールをこころがけている女性の割合は全体の67.4%から74.6%なのに対し、男性は57.1%から59.4%程度に過ぎません。

20代でも女性は67.2%なのに対し、男性は54.1%と無関心なのがよくわかる結果になっていました。それほど体重コントロールに無関心な人が多いのです。若い頃からのこころがけで未来の肥満を防ぐことができるのでもっと関心をもっていきましょう。

また肥満は生活習慣病だけでなくEDを招くおそれもあります。肥満の結果、さまざまな生活習慣病になる可能性がありますが、例えば動脈硬化は糖尿病や心臓病や高血圧の引き金になるだけでなく、性器に血液が届かなくなるので勃起不全になりかねません。もし心当たりがあっても、下半身の悩みをお医者さんに話すのは抵抗があるという方も多いでしょうが、最近は男性特有の症状を専門にしているメンズクリニックもあります。EDが心配な方は医師も看護師も男性だけで、プライバシーにも配慮されているメンズクリニックを受診してみることをおすすめします。

男性としていきいきと過ごすためには肥満を予防し、生活習慣病やEDを防ぐよう、消費できるだけの食事を取り、基礎代謝を上げるための筋肉トレーニングや脂肪を燃焼するための有酸素運動を行いましょう。

たかが肥満、されど肥満です。甘くみていると後々生活習慣病やEDになってしまうので注意が必要です。またスタイルがよければファッションも楽しめます。年齢を重ねた男性でもただのおじさんになってしまうかどうかの分かれ道なので気をつけたいですね。