HOMEHOME →生活習慣病とEDの関係 →糖尿病はEDリスクファクター

糖尿病はEDリスクファクター

糖尿病はEDリスクファクター 生活習慣病の中でも糖尿病は、EDの大きなリスクファクターとして知られています。

また早期の合併症のサインとしてEDが表れる場合もありますので、糖尿病の男性はぜひ担当医に相談するようにしましょう。

糖尿病性EDの2大原因とは?

健康な男性と比べ、糖尿病にかかっている男性ではEDになる確率が2~3倍高くなるとされています。データによっては、男性患者の2~3人に1人がED症状を抱えるともいわれますので、かなり高い確率だといえるでしょう。

原因の1つは、血管の問題です。糖尿病では血糖値の高い血液が血管を流れますが、想像できる通りその血液はベタベタ、ドロドロとしています。それが長い期間、血管を通っていれば、血管壁へのダメージは避けられません。
その結果、血管壁が厚く硬くなってしまう動脈硬化が進み、血流が阻害されてEDになるという仕組みです。

もう1つは、神経の問題です。糖尿病では上述したように血管がダメージを受けますが、その影響は特に細い毛細血管において顕著です。毛細血管が詰まってしまうと、酸素や栄養を末梢神経に送り届けられなくなり、神経障害が生じてしまいます。
糖尿病性神経障害は、糖尿病の3大合併症の1つです。

勃起には、血流のみならず神経も深く関わっています。そもそも脳が受けた性的刺激が神経を通って陰茎に伝えられることで、血管が拡張しますから、神経がうまく働かなければ勃起は起こりません。

このように糖尿病にかかると、EDのリスクが飛躍的に高まるのです。

糖尿病とEDの関連性についての詳細→http://www.hama1-cl.jp/ed_dictionary/diabetes_ed/
※浜松町第一クリニック提供

ED症状が見られたら、主治医に相談を

糖尿病治療は、ただでさえ日常生活に色々な制限が出てきますので、ストレスを溜めやすいといわれています。その上ED症状も見られるとしたら、ますます気分が落ち込んでしまい生活にハリがなくなりかねません。
また病気の進行具合をはかるためにも、ED症状について医師に伝えることは非常に大切です。

担当医にEDについて相談すれば、他の原因がないかどうかを調べてもらえます。その結果、糖尿病性EDと判断されれば、動脈硬化や神経障害などの合併症の検査もおこなわれるでしょう。
合併症でも早期であれば、血糖コントロールによって改善できる可能性がありますので、ぜひ早めの相談が必要です。

またED症状の対症療法として、バイアグラなどのED治療薬も使用できます。ただし既に心臓の合併症を起こしていて硝酸薬を使っている患者さんの場合は、ED治療薬との併用は禁忌となっていますので、かならず医師の診察を受けた上で購入するようにしましょう。