HOMEHOME →生活習慣病の何が怖いのか? →脳内物質セロトニンと糖尿病について

脳内物質セロトニンと糖尿病について

セロトニン 糖尿病の発症にセロトニンが深く関わっていることをご存じでしょうか。その他の生活習慣病とも深い関わりがありますが、中でも糖尿病に関しましては特に影響を及ぼすと言えます。セロトニンと糖尿病の関係について知るとともにセロトニンの生成に努めましょう。

セロトニンとは

セロトニンとは、インスリンの分泌を促す脳内物質のことを表します。インスリンは、食後上昇する血糖値を下げる役割を果たし、副腎皮質から分泌されています。このインスリンが作用しなくなると糖尿病を発症するのですが、セロトニンはインスリンの分泌を促進する役割を果たしますので、生活習慣病の中でも特に糖尿病に影響を及ぼすと言えます。

不眠とセロトニンについて

不眠とセロトニンについて知りましょう。就寝中は血糖値が下がるものではありますが、不眠の傾向にある方は血糖値が高い状態が長く続くことになりますので、糖尿病を発症しかねません。スムーズな入眠を促すにあたって欠かせないのがメラトニンという物質なのですが、セロトニンはこのメラトニンの分泌に必要なので、不足すると不眠に繋がると言えます。不眠とセロトニンは、深い関わりがありますので、日頃からセロトニンを増やすように努めることをおススメします。

男性の更年期障害とセロトニンについて

男性の更年期障害とセロトニンについて知りましょう。更年期障害と聞くと女性に表れる症状と思われがちですが、そんなことはありません。男性にも更年期障害はありますし、セロトニンは深く関わりがあると言えます。

男性の更年期障害の原因とも言えるテストステロンという男性ホルモンが減少することによってセロトニンの分泌量までもが減少することから、これらは深く関わっていると言うことができます。

セロトニンの増やし方

セロトニンの増やし方としましては、セロトニンを生成する物質のトリプトファンを多く含む食品を摂取することや太陽の光を浴びること、適度な有酸素運動を行うことやストレスを避けることなどがあげられます。

ヨーグルトや卵やチーズといった乳製品や豆乳や豆腐などの大豆食品、肉や魚やナッツ類がトリプトファンを多く含む食品なのですが、いずれも身近な食品ですし気軽に摂取しやすいと言えますので、積極的に摂取することをおススメします。

他にも、太陽の光を浴びることや適度な有酸素運動はセロトニンを増やす役割を果たしますので取り入れていきましょう。反対にストレスはセロトニンの減少に繋がりますのでよくありません。長期間のストレスはセロトニンの減少はもちろんセロトニンの枯渇を引き起こしますので注意が必要です。

セロトニンを増やす方法はいずれも気軽に取り入れられることですので、すぐにでも始めましょう。朝起きたらまずはカーテンを開けて太陽の光をしっかりと浴び、朝食にトリプトファンを多く含む食品を摂取するといったことでセロトニンは増えていきますのでおススメします。

いずれも継続することが大切です。有酸素運動に関しましても、無理のない範囲内で行うことが継続に繋がります。激しい運動はストレスに繋がり、セロトニンを減少させてしまいますので気をつけましょう。

セロトニンを意識した生活を送るということは生活習慣病の予防に繋がりますので、日常生活に取り入れることをおススメします。