HOMEHOME →生活習慣病予防のために、男性が気をつけたいこと →生活習慣病を防ぐためにストレスを解消しよう

生活習慣病を防ぐためにストレスを解消しよう

ストレス ストレスを解消して生活習慣病を防ぎましょう。忙しい現代人はリラックスすることを忘れてしまいがちです。時間がないので自分のことは後回しになってしまい、病気にかかってしまうことも少なくありません。健康維持にかかせないのでぜひ実践しましょう。

ストレスが生活習慣病の原因に

心臓病、脳卒中などの原因のひとつに高血圧があります。カッとなったり、精神の緊張が続くとストレスがたまって血圧が上がります。解消せずに放置すると心臓病や脳卒中の引き金になってしまうので気をつけなければなりません。

また同じストレスを浴びても溜まりやすい人と溜まりにくい人がいます。負けず嫌い、努力家、自信家、マジメな人は溜め込みやすい性格なので気をつけたいですね。やるべきときにはやらねばなりませんが、何事も腹八分目、「まいっか」で生きることをこころがけることが高血圧、心臓病や脳卒中を予防するためには欠かせません。

個々の性格の違いがあるので難しいところですが、ストレスは自分の受け止め方次第でずいぶん変わってくるものです。がんばるときにがんばって、それ以外は楽しむことをこころがけるとずいぶん軽減されるかもしれませんね。

男性のストレス解消法の一例

女性はしゃべるのが最大のストレス解消法ですが、必ずしもすべての男性には有効ではありません。どちらかと言うと、人に弱みを隠し黙ってひとりでゆっくりすることがリラックスにつながる方も男性には多いのではないでしょうか。

そんな方は、休日には自宅でのんびりテレビを観たり、お風呂に入ったり、好きな物を食べたりと自由に過ごしてみるのもいいかもしれません。また入浴にはストレス解消効果があるのでしっかり湯船に浸かるのがおすすめですよ。特に半身浴はリラックスするのに効果的なのでぜひ試してみましょう。

また時間があるのなら自分が楽しいと感じることをするのが一番です。からだを動かすことが好きな人はスポーツを、バイクが好きならツーリング、他にもサーフィン、写真、パチンコやカラオケなど…時間を忘れて好きなことに没頭すれば、ストレスも次第に小さくなっていくでしょう。

さらに新しい発見をするのもいいかもしれません。毎日同じパターンの生活ではストレスが軽減されることはありません。ひとり飲みをするのなら店を変えてみたり、日頃会わない友だちと会ってみたりするのもいいでしょう。

悲しくなるほどつらいときはひとりで泣いてみるのもいいかもしれません。涙はこころの汗と言われ、実際の研究でもストレスに関連した物質やホルモンが含まれていることが明らかになっています。泣いた後にすっきりするのはそのためなのです。自然に泣けないなら感動する映画を観て泣くのもいいでしょう。

生活習慣病を予防するためには血圧を上げぬよう、ストレス解消することが大切です。そのためには毎日もしくは毎週、ちょっとした楽しみを作るといいかもしれませんね。