HOMEHOME →生活習慣病予防のために、男性が気をつけたいこと →ストレスを溜め込まないようにして生活習慣病を予防しましょう

ストレスを溜め込まないようにして生活習慣病を予防しましょう

ストレス ストレスは心身にさまざまな影響を及ぼしますので、自分に合ったストレス解消を身につけておくことをおススメします。ストレスは自らコントロールすることが可能です。自分自身のストレスに気がつくとともに、その都度適切に対処していきましょう。そうすることによってストレスが緩和されますし心身のさまざまな疾患の予防にも繋がりますので、積極的に取り入れていきましょう。

自分にとって何がストレスなのか考えましょう

自分にとって何がストレスなのか考えましょう。出産やマイホーム購入、昇進や結婚といったおめでたい状況でもストレスは溜まりますし、更年期などの年齢的なこともあります。自分自身の状況を把握するとともに、ストレスの原因について考えてみましょう。

休息をとりましょう

休息をとりましょう。疲労を溜め込んでいるとやがてストレスに繋がります。休息をとる暇がないという方も、あえて休息の時間を確保するように心がけましょう。

相談相手を見つけましょう

相談相手を見つけましょう。話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になることもありますし、問題が解決する場合もありますのでおススメします。

大声で笑いましょう

大声で笑いましょう。1日1回は意識して大声で笑う事を心がけてください。笑うことによって免疫力が高まりますし、ストレスホルモンが減る傾向にあります。笑いのある日常生活を送るということはストレスを緩和させるためにも大きな役割を果たすということを頭に入れておきましょう。

考え方を変えてみましょう

考え方を変えてみましょう。悪い面ばかりが気になってストレスが溜まりがちですが、良い面を見ることによってストレスが軽減されることもあります。考え方が偏らないように日常においてさまざまな視点から物事を見るように心がけてみましょう。

人生の目標を考えましょう

人生の目標を考えましょう。目標があると人は前向きな気持ちになる傾向にあります。実現することが可能な目標を設定するとともに、それにむけて前向きな気持ちを高めましょう。

適度な運動を行いましょう

適度な運動を行いましょう。適度な運動はストレス解消に有効です。これまで運動をする習慣のなかった方も、適度な運動を日常生活に取り入れることをおススメします。そうすることによってストレスが軽減されますし、肥満やメタボの予防に繋がります。

どうしても運動をする時間がないという方は、普段エレベーターを使うところを階段にすることや、一駅分歩くなど、ちょっとした工夫を取り入れましょう。

自分に合った適度な運動を継続することが大切ですので、無理のない範囲で行うことを心がけてみてください。

ストレスを解消することは大切なことではありますが、あまりに拘り過ぎると反対にストレスが溜まる場合もあります。自分自身のストレスとしっかりと向き合って、上手く付き合っていきましょう。気分の落ち込みや不安感などが強い場合は心療内科などの専門医を受診することもおススメします。ストレスを軽視してはいけません。生活習慣病の原因になることはもちろん、うつ病といった精神面の疾患にもなりかねませんので、なるべく日頃から溜め込まないように心がけましょう。