HOMEHOME →男性がかかる生活習慣病の特徴 →メタボの原因、「内臓脂肪」は男性のほうがつきやすい

メタボの原因、「内臓脂肪」は男性のほうがつきやすい

内臓脂肪 生活習慣病の前段階ともいわれる「メタボリックシンドローム」では、おもに内臓脂肪の蓄積が問題となります。特に男性の場合、女性と比べると内臓脂肪がつきやすい傾向が見られますので、普段から注意が必要です。

男性につきやすい内臓脂肪とは?

脂肪には大きく分けて、皮下脂肪と内臓脂肪があります。皮下脂肪とは皮膚のすぐ下にあるもので、手でつかむことが可能です。 一方、内臓脂肪は内臓周辺につく脂肪ですから、手でつかむことはできません。

一般的に女性は皮下脂肪がつきやすく、男性は内臓脂肪がつきやすいといわれています。特に腹囲がかなりあるのに、お腹の脂肪を手でつかみにくい場合は内臓脂肪が溜まっていると考えられるでしょう。 体型としては、全身の中でもお腹周りが充実している「ビヤ樽型(リンゴ型)」になります。

正確な脂肪量をはかるためには、腹部MRIなどの検査が必要になりますが、健診では腹囲を測定することで目安をつけます。男性の場合、85センチ以上が要注意です。ただしこの基準については、世界から見ても厳しすぎるとの声が上がっており、実際には85センチ以上あっても問題ないケースもあるようです。

それでも現在の日本では、腹囲85センチ以上(女性では90センチ以上)であることに加え、高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つ以上に当てはまる場合をメタボリックシンドロームと判断し、生活改善を指導することになっています。

内臓脂肪は、つきやすいが落としやすい!

なぜ男性のほうに内臓脂肪がつきやすいのかというと、そこにはホルモンの働きが関わっています。 男性ホルモンは筋肉を増やし、男らしい体つきを作る作用があるのですが、筋肉を動かす際のエネルギー源となるのが内臓脂肪なのです。皮下脂肪は脂肪酸の出し入れがしにくいため、いざという時の貯蓄のような役割を果たしていますが、内臓脂肪は手っ取り早くエネルギーを供給することができます。 ですから筋肉量が女性よりも多い男性では、それだけ内臓脂肪がつきやすいといえるのです。

ただし救いなのは、内臓脂肪のほうが皮下脂肪と比べるとつきやすい分、落ちやすいということです。そのため皮下脂肪が「定期預金」と呼ばれるのに対し、内臓脂肪は「普通預金」と呼ばれています。

ですからお腹まわりが充実してきた男性は、日ごろから意識して内臓脂肪の燃焼に努めましょう。もっとも効果的なのは、ある程度の時間をかけておこなう有酸素運動です。

何よりも無理なく続けられるものが一番ですから、散歩ついでに1日30分程度のウォーキングをするのがおすすめです。もちろん同時に摂取カロリーにも気をつけましょう。

内臓脂肪を減らすことは、そのまま生活習慣病の予防にもつながりますので、ぜひ男性は普段から意識してみてください。